塗料による違い

外壁塗装の種類

外壁は一日中、紫外線や風雨にさらされており、メンテナンスを怠ると外壁の傷みを加速させてしまいます。外壁塗装の役割は、見栄えの良さと外観の保護がありますが、外壁塗装に使われている素材によって、メンテナンスも異なります。外壁塗装の種類は、アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料などが代表的です。 アクリル系塗料は、今から20年ほど前に発売された塗料で価格が安いのが特徴です。耐久年数は6〜7年ですから、こまめに塗り替えをしたい人に向いています。 ウレタン系塗料は、万能塗料とも言われ密着性に優れていますので、どこに塗っても綺麗に仕上がることから、塗装の剥がれやすい箇所にも使えます。耐久年数は7〜10年です。 シリコン系塗料は、価格とコスト面のバランスが良く近年特に注目されている塗料で、耐久年数も12〜15年と長めです。安価な塗料も困るが、あまり高い予算も捻出できない人向けで、特に白い外壁塗装にした場合に、美しさと汚れ難さを実感できます。 フッ素系塗料は、価格は高めですが20年ほどの耐久性ですので、長期的に考えればお得な塗料ですが、一般住宅には多くは普及していません。

外壁塗装というリフォームは

外壁塗装のリフォームはそれなりに安くなっています。 外壁塗装というのは、様々なメリットがありますが、一つは劣化です。家の劣化を防ぐことができますし、また、シロアリなんかを寄せ付けないこともあります。 ですから、十分にしっかりとした外壁塗装をする価値はあるのです。肝心の外壁塗装の費用ですが、これは面積次第でもあります。何しろ、どのくらいの時間がかかるのか、材料はどのくらい必要なのかによって、費用なんてものは大分変わってきます。ですから、まずはしっかりと見積もりを出してもらうことです。ちなみに総額で出してもらうのが重要になります。外壁塗装はあくまで信用できるところに依頼して、費用は二の次にしたほうがよいです。